会員になるには
入会金2000円 年会費 15000円です。
※建築士の資格をお持ちの方で、下記にご同意いただける方のみ、お申込みになれます。

社団法人京都府建築士会舞鶴支部 支部規程
(名称)
第1条 本支部は、社団法人京都府建築士会(以下「本会」という。) 舞鶴支部という。(以下「支部」という。)
(区域)
第2条 支部の区域は、舞鶴市の全域とする。
(事務所)
第3条 支部の事務所は、舞鶴市に置く。
(目的)
第4条 支部は、社団法人京都府建築士会定款(以下「本会定款」という。)に定める目的を遵奉し、併せて地域活動を通じて、本会の発展に寄与することを目的とする。
(事業)
第5条 支部の事業は、本会定款第3条を準用する。
(会員)
第6条 支部の会員は、本会定款第5条の規定に該当するもので、支部の区域に住所又は勤務場所を有する者とする。
(役員)
第7条 支部に、次の役員を置く。
  支部長  1
  副支部長 2名以内
  幹 事   8名以上10名以内(常任幹事若干名を含む)
  監 査  2名。
(役員の選任)
第8条 支部役員は、支部の総会において支部の正会員のうちから選任する。
2   常任幹事は幹事のうちから支部長が選定し、役員会の承認をうけるものとする。
(役員の職務権限)
第9条 支部長は、この支部を代表し、会務を総理する。
2   副支部長は、支部長を補佐し、会計及び庶務につき、支部長の指示に従い分掌する。また、支部長に事故あるときは、あらかじめ支部長より指名された副支部長が支部長の職務を行なう。
3 幹事は、役員会を組織し、会務の執行をはかる。
4 常任幹事は、支部長を補佐し、事業の執行をはかる。
5 監査は、民法第59条の職務を行う。
(役員の任期・補選・権限)
10条 支部の役員の任期、補選、権限は、本会定款第18条及び第19条に定めるそれぞれの規定を読み替えて準用する。
(顧問・相談役)
11条 支部に顧問及び相談役をおくことができる。
2 顧問、相談役については、本会定款第23条の規定を準用する。
(会議の種類)
12条 支部の会議は、総会、役員会及び支部長が必要と認めて開催する会議をいう。
(総会)
13条 支部の総会は、通常総会及び臨時総会とし、支部長が召集する。
2 通常総会は、毎年1回開催するものとし、臨時総会は、必要に応じて開催する。
(総会の議事)
14条 総会は、次の事項を議決する。
  (1)支部規程の変更
  (2)事業計画及び予算
  (3)事業報告及び収支決算
  (4)支部役員の選任
  (5)その他支部の運営上重要な事項
(役員会)
15条 役員会は、必要に応じて支部長が招集する。
(議事)
16条 総会及び役員会の議事に関する必要な事項は、本会定款第27条、第29条、第32条、第33条、第34条等の規定を読み替え準用する。
(経費の支弁)
17条 支部の経費は、本会からの支部交付金、支部会費、寄付金及びその他の収入で支弁する。
(資産の管理)
18条 支部の資産は、支部長が管理する。
(予算及び決算)
19条 支部の予算は、支部総会の議決を経て定めるものとし、決算については、監査による監査を受けた上で、支部総会の承認を経て、何れも本会理事会の承認を得なければならない。
(会計年度)
20条 支部の会計年度は、毎年41日に始まり、翌年331日に終わる。
(会計監査)
21条 監査は支部の決算につき、毎会計年度終了後1ヵ月以内に決算の監査を行わなければならない。
(剰余金)
22条 会計年度単位の決算で剰余金が生じたときは、支部総会の議決を経てその全部又は一部を積み立てることができる。
(規程の変更)
23条 この規程を変更しようとするときは、支部総会において出席会員の4分の3以上の同意を経て、かつ本会理事会の承認を得なければならない。
(解散)
24条 支部を解散しようとするときは、総会において正会員の4分の3以上の承認を経て、本会理事会の承認を得なければならない。
(事務局の設置)
25条 支部に事務局を設け、有給の職員を置くことができる。
2 職員は、支部長が任免する。
 (細則の制定)
26条 本規程の施行について必要な規定は、役員会が細則で定める。
附則
  1. 本支部規程は、昭和33 8 3日から施行する。
  2. 本支部役員選挙の規定は初回に限り適用しない。
  3. 本支部規程は、平成 6 4 1日から施行する。
  4. 本支部規程は、平成196 1日から施行する。